Making Toys

タミヤ カムプログラムロボット工作セット を作ってみた

投稿日:2017年12月15日 更新日:

カムプログラムロボット工作セット

カムプログラムロボット工作セット

 「Maker Faire Tokyo 2017」に行ったときにタミヤのブースで「カムロボット工作セット」を購入しました。息子くんに「作る?」て聞いてみたら、「つくらない」といわれたので、私が組み立ててみました。

 組み立ては、結構時間がかかりましたが、難しくはありませんでした。とにかく部品を間違えないよう確認しながら組みましょう。
 組み立て時に動作パターンを「Aタイプ」か「Bタイプ」か選んで作るのですが、命令(カムプログラム)との関連がわかりやすいので「Aタイプ」を組みました。

 駆動パーツ類は、タミヤの工作セットのギアボックスやクローラーパーツなどを用いて設計されています。

ツインモーターユニット

ツインモーターユニット

カムプログラムロボット完成

カムプログラムロボット完成

 この工作キットの目玉は、プログラムバーにカムを配置していくことでロボットをプログラムし、動作させるというところです。ここの制御の発想が組み立てていて、とても面白いのです。
 電気的な制御は一切ありません。モーターは一定の速度で回転し続け、ロボットは直進します。そのロボットが、曲がる、停止するために、本体からアームが出てクローラーを持ち上げてしまうのです。たとえば、右旋回するには、左側のクローラーはそのまま直進、右側のクローラーは動作しているが地面から浮かせることで停止状態、という風になります。
 「Aタイプ」の動作の場合、どっちのクローラーをどのくらいの時間持ち上げるかをプログラムバーにカムパーツを並べることでプログラムしていくことになります。

クローラーパーツをはめる前

クローラーパーツをはめる前

グレーのスポンジがついているアームが本体を持ち上げる

グレーのスポンジがついているアームが本体を持ち上げる

 実際に「プログラム」してみると、何度もやって狙い通り動かすという試行錯誤をするにはカムパーツ取り付け取り外しが案外やりづらかったです。

カムをはめるプログラムバー

カムをはめるプログラムバー

 マイコンボードでの制御も可能というあたりは、またあらためて書きたいと思います。
<つづき>カムプログラムロボットでオリジナルロボットを作ってみた

-Making, Toys
-,

執筆者:

関連記事

seven chair

セブンチェアの修理をした

 ダイニングテーブル用に使っていたセブンチェアの座面と脚部が外れてしまいました。接着剤の劣化により、10年前後でよく起きる症状のようです。  以前同じ状態で破損したセブンチェアは、家具修理の工房に発送 …

プログラミング・フォロ

こどもとつくるエレキット プログラミング・フォロ

 昨年組み立てたELEKITのフォロにプログラミングできる新型「プログラミング・フォロ」が発売されていました。前回のフォロを組み立てた息子くんが、フォロのパッケージを発見するなり「作りたい!」と言い出 …

FOLO

こどもとつくるエレキット 6足歩行ロボ フォロ

 とてもかわいくて気になっていたロボットのキットを入手しました。「ELEKIT フォロ」です。小学校低学年の息子くんも、作りたいということでしたので、組み立てにチャレンジしてもらいました。  息子くん …

ブロック比較

nanoblockなどのブロック玩具を比べてみる

 nanoblockの同等品(コピー品??)のような商品群を100円ショップでも見かけるようになりました。いくつか買い集めたので並べてみようと思います。 nanoblock (Kawada) カワダ  …

micro:bit レゴケース

micro:bitのケースをLEGOで作る

 micro:bit(マイクロビット )と単4電池ボックス(スイッチ付き、AAA×2)を一体化できるケースをレゴブロックを使って作ってみました。 ケースの中にmicro:bitがピッタリ(本当は0.5 …