Making Papercraft Toys

カムプログラムロボットでオリジナルロボットを作ってみた

投稿日:2017年12月16日 更新日:

カムプログラムロボット完成

カムプログラムロボット工作キットのままの完成時

 完成したタミヤカムプログラムロボットですが、せっかくですからオリジナルデザインのロボットに改造?してみました。今回は、マイコンボードを組み込み、Wifiでタブレットから操作できるロボットに改造。外観はなるべく既存のシャーシを生かしたカバーをデザインし制作しました。

 まず、不要な部品を取り外します。
 製品のパーツを削ったりせず、元に戻そうと思えば直せるようにしておきました。

不要部品を取り外し、マイコンボードと電池ボックスを組み込んだところ

不要部品を取り外し、マイコンボードと電池ボックスを組み込んだところ

 マイコンボードでの制御に切り替えます。
 このロボットキットの一番のポイントでもあるカム送りのユニットは、残念ですが不要になるため取り外しました。
 マイコンボードは、秋月のESP8266の開発ボード「AE-ESP-WROOM-02-DEV」をArduino化して使用しました。電源は、単4電池を3本使用しています。マイコンボードには、首振り用のサーボとLED、モータードライバーを介してクローラー用モーターをつなぎました。

AE-ESP-WROOM-02-DEVとモータードライバーをユニバーサル基板に配置した

AE-ESP-WROOM-02-DEVとモータードライバーをユニバーサル基板に配置した

ミニサーボ、LED、スイッチを配線

ミニサーボ、LED、スイッチを配線

 外装カバーを制作します。
 外装は、紙で制作し、さらにフェルトシートを貼り付けました。色は、もとのカムプログラムロボットの雰囲気が残るようにセレクト。あえて大きめの頭をつけてちょっとかわいい感じにまとめました。

カムプログラムロボットの外装を紙で作る

カムプログラムロボットの外装を紙で作る

 オリジナルロボットの完成です。
 センサー類はついていないので、単なるリモコンロボットなんですが、進行方向に顔を向ける、停止時にちょっと首を振るというような動作が入るだけで、かわいくなります。
 外装をはがさないと電池交換ができないのが弱点です。

カムプログラムロボット改造版 完成

カムプログラムロボット改造版 完成

タブレットのブラウザ画面

タブレットのブラウザから操作
上のボタンは決まった動作を割り当てた

 カムプログラムを使わずにマイコン制御をする前提なら、このキットを使わず、タミヤのクローラーセットやダブルギアボックス等から自由に組み合わせてロボットをつくることも可能です。それでも、「カムロボ」は、低価格のロボット向けのプラットフォームとしてなかなか楽しめる工作キットのような気がします。

 「カムプログラムロボット工作セット」は増産されていないのか、現時点では入手困難なようです。マイコン組み込みのクローラーロボを作りたいなら他の方法もあります。定価以上の金額での購入はおすすめしません。在庫が安定して、入手しやすくなるといいのですが。2018年1月時点では、入手可能になっています。

-Making, Papercraft, Toys
-, , , ,

執筆者:

関連記事

レゴ信号機

LED押しボタン式信号機をArduinoとLEGOで作ってみた

 Arduino等のマイコンボードで電子工作にチャレンジする時、最初に取り組むのはエルチカ(LEDを光らせたり消したり)です。信号出力の仕方をまなび、プログラムで点灯消灯を制御できるようになります。 …

micro:bitのプロジェクトを共有してみた

 前回micro:bit(マイクロビット)で作ったマルバツブザーのコードをmakecodeの共有機能を使って公開してみました。  画面上部の共有アイコンをクリックするし、プロジェクトの公開を同意した後 …

ブロック比較

nanoblockなどのブロック玩具を比べてみる

 nanoblockの同等品(コピー品??)のような商品群を100円ショップでも見かけるようになりました。いくつか買い集めたので並べてみようと思います。 nanoblock (Kawada) カワダ  …

水圧式ロボットアーム

こどもとつくるエレキット 水圧式ロボットアーム

エレキット 水圧式ロボットアーム  小学校低学年の息子くんに「ELEKIT 水圧式ロボットアーム」制作にチャレンジしてもらいました。  息子くんとは、ロボットアーム制作の前に「ELEKIT スピンシュ …

micro:bit

micro:bitを買った

micro:bit  イギリスで開発された教育向けマイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」をスイッチサイエンスで購入しました。 micro:bit スイッチエデュケーション版は箱パッケー …