Making Toys

タミヤ カムプログラムロボット工作セット を作ってみた

投稿日:2017年12月15日 更新日:

カムプログラムロボット工作セット

カムプログラムロボット工作セット

 「Maker Faire Tokyo 2017」に行ったときにタミヤのブースで「カムロボット工作セット」を購入しました。息子くんに「作る?」て聞いてみたら、「つくらない」といわれたので、僕が組み立ててみました。

 組み立ては、結構時間がかかりましたが、難しくはありませんでした。とにかく部品を間違えないよう確認しながら組みましょう。
 組み立て時に動作パターンを「Aタイプ」か「Bタイプ」か選んで作るのですが、命令(カムプログラム)との関連がわかりやすいので「Aタイプ」を組みました。

 駆動パーツ類は、タミヤの工作セットのギアボックスやクローラーパーツなどを用いて設計されています。

ツインモーターユニット

ツインモーターユニット

カムプログラムロボット完成

カムプログラムロボット完成

 この工作キットの目玉は、プログラムバーにカムを配置していくことでロボットをプログラムし、動作させるというところです。ここの制御の発想が組み立てていて、とても面白いのです。
 電気的な制御は一切ありません。モーターは一定の速度で回転し続け、ロボットは直進します。そのロボットが、曲がる、停止するために、本体からアームが出てクローラーを持ち上げてしまうのです。たとえば、右旋回するには、左側のクローラーはそのまま直進、右側のクローラーは動作しているが地面から浮かせることで停止状態、という風になります。
 「Aタイプ」の動作の場合、どっちのクローラーをどのくらいの時間持ち上げるかをプログラムバーにカムパーツを並べることでプログラムしていくことになります。

クローラーパーツをはめる前

クローラーパーツをはめる前

グレーのスポンジがついているアームが本体を持ち上げる

グレーのスポンジがついているアームが本体を持ち上げる

 実際に「プログラム」してみると、何度もやって狙い通り動かすという試行錯誤をするにはカムパーツ取り付け取り外しが案外やりづらかったです。

カムをはめるプログラムバー

カムをはめるプログラムバー

 マイコンボードでの制御も可能というあたりは、またあらためて書きたいと思います。
<つづき>カムプログラムロボットでオリジナルロボットを作ってみた

-Making, Toys
-,

執筆者:

関連記事

micro:bitでマルバツチャイムを作ってみた

 先日購入したmicro:bit(マイクロビット)にプログラムを書き込んで使ってみました。 micro:bitで、はじめてのプログラミング  micro:bitのプログラミングは、「JavaScrip …

LEGO でペンギン

レゴブロックで組み立てたペンギンたちです。 一年以上前の作品ですけど。 レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス スペシャル 10698 posted with カエレバ レゴ (LEG …

ブロック比較

nanoblockなどのブロック玩具を比べてみる

 nanoblockの同等品(コピー品??)のような商品群を100円ショップでも見かけるようになりました。いくつか買い集めたので並べてみようと思います。 nanoblock (Kawada) カワダ  …

水圧式ロボットアーム

こどもとつくるエレキット 水圧式ロボットアーム

エレキット 水圧式ロボットアーム  小学校低学年の息子くんに「ELEKIT 水圧式ロボットアーム」制作にチャレンジしてもらいました。  息子くんとは、ロボットアーム制作の前に「ELEKIT スピンシュ …

micro:bit

micro:bitを買った

micro:bit  イギリスで開発された教育向けマイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」をスイッチサイエンスで購入しました。 micro:bit スイッチエデュケーション版は箱パッケー …