Making Toys

タミヤ カムプログラムロボット工作セット を作ってみた

投稿日:2017年12月15日 更新日:

カムプログラムロボット工作セット

カムプログラムロボット工作セット

 「Maker Faire Tokyo 2017」に行ったときにタミヤのブースで「カムロボット工作セット」を購入しました。息子くんに「作る?」て聞いてみたら、「つくらない」といわれたので、私が組み立ててみました。

 組み立ては、結構時間がかかりましたが、難しくはありませんでした。とにかく部品を間違えないよう確認しながら組みましょう。
 組み立て時に動作パターンを「Aタイプ」か「Bタイプ」か選んで作るのですが、命令(カムプログラム)との関連がわかりやすいので「Aタイプ」を組みました。

 駆動パーツ類は、タミヤの工作セットのギアボックスやクローラーパーツなどを用いて設計されています。

ツインモーターユニット

ツインモーターユニット

カムプログラムロボット完成

カムプログラムロボット完成

 この工作キットの目玉は、プログラムバーにカムを配置していくことでロボットをプログラムし、動作させるというところです。ここの制御の発想が組み立てていて、とても面白いのです。
 電気的な制御は一切ありません。モーターは一定の速度で回転し続け、ロボットは直進します。そのロボットが、曲がる、停止するために、本体からアームが出てクローラーを持ち上げてしまうのです。たとえば、右旋回するには、左側のクローラーはそのまま直進、右側のクローラーは動作しているが地面から浮かせることで停止状態、という風になります。
 「Aタイプ」の動作の場合、どっちのクローラーをどのくらいの時間持ち上げるかをプログラムバーにカムパーツを並べることでプログラムしていくことになります。

クローラーパーツをはめる前

クローラーパーツをはめる前

グレーのスポンジがついているアームが本体を持ち上げる

グレーのスポンジがついているアームが本体を持ち上げる

 実際に「プログラム」してみると、何度もやって狙い通り動かすという試行錯誤をするにはカムパーツ取り付け取り外しが案外やりづらかったです。

カムをはめるプログラムバー

カムをはめるプログラムバー

 マイコンボードでの制御も可能というあたりは、またあらためて書きたいと思います。
<つづき>カムプログラムロボットでオリジナルロボットを作ってみた

-Making, Toys
-,

執筆者:

関連記事

nanoblock mothin チョロQ

nanoblock mothin チョロQ で遊んでみた

nanoblock mothin チョロQ 軽トラック  2014年にタカラトミーから販売された「ナノブロックチョロQ」を今更ですが、入手したので遊んでみました。 パッケージを開封したところ チョロQ …

FOLO

こどもとつくるエレキット 6足歩行ロボ フォロ

 とてもかわいくて気になっていたロボットのキットを入手しました。「ELEKIT フォロ」です。小学校低学年の息子くんも、作りたいということでしたので、組み立てにチャレンジしてもらいました。  息子くん …

SG90サーボ用2軸カメラマウント

SG90サーボ用 2軸カメラマウントを組み立ててみた

 SG90サーボ2個とのセットで販売しているものをAmazonにて注文、入手しました。  届いた製品の中身は、SG90サーボの方はサーボ本体とプラスチックホーンが3種、それを留めるためのネジが入ってい …

micro:bitのプロジェクトを共有してみた

 前回micro:bit(マイクロビット)で作ったマルバツブザーのコードをmakecodeの共有機能を使って公開してみました。  画面上部の共有アイコンをクリックするし、プロジェクトの公開を同意した後 …

カムプログラムロボット改造版

カムプログラムロボットでオリジナルロボットを作ってみた

カムプログラムロボット工作キットのままの完成時  完成したタミヤカムプログラムロボットですが、せっかくですからオリジナルデザインのロボットに改造?してみました。今回は、マイコンボードを組み込み、Wif …