Toys

nanoblock mothin チョロQ で遊んでみた

投稿日:

nanoblock mothin チョロQ 軽トラック

nanoblock mothin チョロQ 軽トラック

 2014年にタカラトミーから販売された「ナノブロックチョロQ」を今更ですが、入手したので遊んでみました。

パッケージを開封したところ

パッケージを開封したところ

チョロQ 本体

チョロQ 本体

 購入したのは、nanoblock mothin チョロQの「初代チョロQ」と「軽トラック」です。ブロックの組み立ては難易度も低く、すぐに組み上がります。専用アプリはiPadに入れました。充電したチョロQ本体とBluetoothペアリングしたら、iPadの画面から操作できるようになります。操作は、前進後退とも2段階の速度、ステアリグも直進か左右かというデジタルなコントロールです。

初代チョロQ を操作

タブレットでnanoblock mothin 「初代チョロQ」を操作

 フル充電で走行可能な時間は1分前後。この辺がやはり残念です。
 また、コントローラーが物理的に付属しないということは、アプリの配信停止やOSのアップグレードでアプリが非対応になった場合遊べなくなってしまうということも考えられます。

 それでも、このチョロQを買うのはやはり、ナノブロックでオリジナルの車体を作り、走らせることができるからではないでしょうか。オリジナルの、といいつつ、別売のキットのモデル「nanoblock E7新幹線」を乗せていますが。「電車ならナノゲージを買ってね」て言われそうですね。

nanoblock E7新幹線

nanoblock E7新幹線を積んだところ

 今、在庫処分価格で1500円前後で入手できますので、これくらいの価格なら満足できるかなと思っています。

-Toys
-,

執筆者:

関連記事

micro:bitでLEGOを動かそう

 動くLEGOといえばLEGO Technic(レゴテクニック)がありますが、よりシンプルに動かして遊べるLEGOのキットがあります。「レゴクラシック アイデアパーツ」です。今回は、このキットで紹介さ …

FOLO

こどもとつくるエレキット 6足歩行ロボ フォロ

 とてもかわいくて気になっていたロボットのキットを入手しました。「ELEKIT フォロ」です。小学校低学年の息子くんも、作りたいということでしたので、組み立てにチャレンジしてもらいました。  息子くん …

micro:bit レゴケース

micro:bitのケースをLEGOで作る

 micro:bit(マイクロビット )と単4電池ボックス(スイッチ付き、AAA×2)を一体化できるケースをレゴブロックを使って作ってみました。 ケースの中にmicro:bitがピッタリ(本当は0.5 …

ブロック比較

nanoblockなどのブロック玩具を比べてみる

 nanoblockの同等品(コピー品??)のような商品群を100円ショップでも見かけるようになりました。いくつか買い集めたので並べてみようと思います。 nanoblock (Kawada) カワダ  …

カムプログラムロボット改造版

カムプログラムロボットでオリジナルロボットを作ってみた

カムプログラムロボット工作キットのままの完成時  完成したタミヤカムプログラムロボットですが、せっかくですからオリジナルデザインのロボットに改造?してみました。今回は、マイコンボードを組み込み、Wif …