Making

micro:bitのプロジェクトを共有してみた

投稿日:

 前回micro:bit(マイクロビット)で作ったマルバツブザーのコードをmakecodeの共有機能を使って公開してみました。

 画面上部の共有アイコンをクリックするし、プロジェクトの公開を同意した後にコードのコピー画面が出てきます。

microbit share

共有のアイコンをクリック

 エディター、シミュレーター等のタブからコードをコピーして、公開したいウェブサイトに貼り付けます。

コードをコピーします

プロジェクトの共有

https://makecode.microbit.org/_JTwCt003vPgu

エディター

シミュレーター

【注意】 Aボタン、Bボタンを押すと音がでます。

 シミュレーターをブログに簡単に表示できるのは、いいですね。

-Making
-,

執筆者:

関連記事

日本地図でゲーム

うちの子が都道府県を覚えるのに使ったもの

 小学校で都道府県の位置と名称を覚える機会があります。一度に知らない(興味がない)名称が大量に出てきても、覚えられないこども達もいると思います。わが家も、「うちの子は超優秀!ではなく、並か&#8230 …

micro:bitでLEGOを動かそう

 動くLEGOといえばLEGO Technic(レゴテクニック)がありますが、よりシンプルに動かして遊べるLEGOのキットがあります。「レゴクラシック アイデアパーツ」です。今回は、このキットで紹介さ …

FOLO

こどもとつくるエレキット 6足歩行ロボ フォロ

 とてもかわいくて気になっていたロボットのキットを入手しました。「ELEKIT フォロ」です。小学校低学年の息子くんも、作りたいということでしたので、組み立てにチャレンジしてもらいました。  息子くん …

レゴ信号機

LED押しボタン式信号機をArduinoとLEGOで作ってみた

 Arduino等のマイコンボードで電子工作にチャレンジする時、最初に取り組むのはエルチカ(LEDを光らせたり消したり)です。信号出力の仕方をまなび、プログラムで点灯消灯を制御できるようになります。 …

micro:bit(マイクロビット)の拡張基板 KittenBot編

 micro:bit用の拡張基板を入手したので紹介します。KittenBotの「IObit V1.0」と「Robot:Bit V1.3」です。 IObitとRobot:Bit KittenBot IO …