Making Toys

micro:bitでLEGOを動かそう

投稿日:

lego geekservo

 動くLEGOといえばLEGO Technic(レゴテクニック)がありますが、よりシンプルに動かして遊べるLEGOのキットがあります。「レゴクラシック アイデアパーツ<歯車セット>」です。今回は、このキットで紹介されている作例に「KittenBot Geekservo」を組み合わせることで、micro:bitからLEGOを動かしてみます。

<使うもの>
・ LEGO CLASSIC アイデアパーツ 歯車セット
・ BBC micro:bit(マイクロビット)
・ KittenBot Robot:Bit V1.3
・ KittenBot Geekservo RED
・ KittenBot Geekservo GRAY
(他にmicro:bitにプログラムが書き込めるコンピュータが必要です。)

レゴをマイクロビットで動かす

レゴ クラシック歯車セットをマイクロビットで動かします

 レゴクラシック 歯車セット(10712)には、LEGO TechnicのAngular Wheelという歯車パーツが入っています。このパーツで回転軸の向きや回転方向を変えることができます。

LEGO Technic Angular Wheel

歯車セットに入っている LEGO Technic の Angular Whee

 組み立て説明書に載っている作例から、二つ選んで組み立ててみました。鳥の羽を動かすのはGeekservoのグレー(可動範囲270°のサーボ)、回転遊具にはGeekservoのレッド(回転モーター)を使いました。

KittenBot Geekservo

Robot:BitとGeekservoを(Gray は S8 Pin、Red は M1A Pin に)接続

lego geekservo

LEGOの作例から組み立ててモーターをつないだ

 micro:bitのプログラムには、Microsoft MakeCodeを使用します。今回は、micro:bit用拡張基板Robot:Bitでモーター類を制御するので、Microsoft MakeCodeの拡張機能からExtension for Kittenbot Robotbitを読み込みます。
 機能拡張をクリックし、「https://github.com/KittenBot/pxt-robotbit」を入力して検索、「Extension for Kittenbot Robotbit」を選択するとRobotbitのメニューが出るようになります。

robotbit extension

機能拡張の検索画面

 Microsoft MakeCodeのブロックでプログラムを作成し、micro:bitに書き込みます。回転遊具と鳥の羽が交互に動きます。

lego geekservo code

ブロックで作成したプログラム

 小学校低学年の息子くんに動くLEGOを見せたところ、自分でも作ってみたいということだったので、しばらくいっしょにこのセットで遊んでmicro:bitにも慣れてもらおうと思います。

-Making, Toys
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

micro:bit(マイクロビット)の拡張基板 KittenBot編

 micro:bit用の拡張基板を入手したので紹介します。KittenBotの「IObit V1.0」と「Robot:Bit V1.3」です。 IObitとRobot:Bit KittenBot IO …

レゴ信号機

LED押しボタン式信号機をArduinoとLEGOで作ってみた

 Arduino等のマイコンボードで電子工作にチャレンジする時、最初に取り組むのはエルチカ(LEDを光らせたり消したり)です。信号出力の仕方をまなび、プログラムで点灯消灯を制御できるようになります。 …

FOLO

こどもとつくるエレキット 6足歩行ロボ フォロ

 とてもかわいくて気になっていたロボットのキットを入手しました。「ELEKIT フォロ」です。小学校低学年の息子くんも、作りたいということでしたので、組み立てにチャレンジしてもらいました。  息子くん …

水圧式ロボットアーム

こどもとつくるエレキット 水圧式ロボットアーム

エレキット 水圧式ロボットアーム  小学校低学年の息子くんに「ELEKIT 水圧式ロボットアーム」制作にチャレンジしてもらいました。  息子くんとは、ロボットアーム制作の前に「ELEKIT スピンシュ …

micro:bit

micro:bitを買った

micro:bit  イギリスで開発された教育向けマイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」をスイッチサイエンスで購入しました。 micro:bit スイッチエデュケーション版は箱パッケー …