Making

micro:bitを買った

投稿日:2017年12月21日 更新日:

micro:bit

micro:bit

 イギリスで開発された教育向けマイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」をスイッチサイエンスで購入しました。

micro:bit

micro:bit スイッチエデュケーション版は箱パッケージではなかった。

 micro:bitは、入出力コネクタが独特な形状で、穴が5つも開いています。そこにセンサーやLEDをみのむしクリップでつないだり、拡張基板を「ネジ止め」したりして使うようです。ピンヘッダやジャンバーワイヤーなどがなくても、「えいや!」とつなげてしまうたくましさが、教育向けのデザインということなのかもしれません。

 ですが僕は、このコネクタが何だか手強そうだと感じていたので、一緒にコネクタピッチ変換基板も購入しました。

コネクタ変換基板

micro:bitのコネクタ変換基板
左が購入時の状態(未実装版はピンヘッダはついていない)、右がハンダ付け後

 ハンダづけも割の好きなので、未実装版を購入しました。未実装版にはピンヘッダは付属していませんでしたので、以前に購入した自前のパーツを使いました。ピンヘッダを取り付けるラインが二列あったので、片方をピンヘッダ(オス)、もう片方をピンソケット(メス)にしてみました。

micro:bitとコネクタピッチ変換基板

micro:bitとコネクタピッチ変換基板

コネクタピッチ変換基板つないだところ

コネクタピッチ変換基板つないだところ

 まだ、micro:bit自体に電源を入れていないのですが、今日はここまで。

-Making
-,

執筆者:

関連記事

レゴ信号機

LED押しボタン式信号機をArduinoとLEGOで作ってみた

 Arduino等のマイコンボードで電子工作にチャレンジする時、最初に取り組むのはエルチカ(LEDを光らせたり消したり)です。信号出力の仕方をまなび、プログラムで点灯消灯を制御できるようになります。 …

FOLO

こどもとつくるエレキット 6足歩行ロボ フォロ

 とてもかわいくて気になっていたロボットのキットを入手しました。「ELEKIT フォロ」です。小学校低学年の息子くんも、作りたいということでしたので、組み立てにチャレンジしてもらいました。  息子くん …

micro:bitでLEGOを動かそう

 動くLEGOといえばLEGO Technic(レゴテクニック)がありますが、よりシンプルに動かして遊べるLEGOのキットがあります。「レゴクラシック アイデアパーツ」です。今回は、このキットで紹介さ …

micro:bit(マイクロビット)の拡張基板 KittenBot編

 micro:bit用の拡張基板を入手したので紹介します。KittenBotの「IObit V1.0」と「Robot:Bit V1.3」です。 IObitとRobot:Bit KittenBot IO …

水圧式ロボットアーム

こどもとつくるエレキット 水圧式ロボットアーム

エレキット 水圧式ロボットアーム  小学校低学年の息子くんに「ELEKIT 水圧式ロボットアーム」制作にチャレンジしてもらいました。  息子くんとは、ロボットアーム制作の前に「ELEKIT スピンシュ …