Making Toys

Meowbit で MakeCode Arcade を試してみる

投稿日:

meowbit

 11.11の日はAliExpressがセールだったんです。そこにmicro:bitが縦に伸びたような基盤にカラー液晶がついた何かが販売されていました。11月末にその基盤が手元に届いたので、触ってみました。

 入手したのは、Meowbitというボードです。KittenBotが開発、販売しています。

 micro:bitにブロックコードプログラミングができるMakeCodeというサイトがあります。MakeCodeは、Microsoftが開発し、公開しているオンラインプログラミング環境です。(windows版はアプリもあります。)このMakeCodeの中にMakeCode Arcadeという160x128pixelのカラー液晶のゲーム端末を想定した、ゲーム開発環境があります。このMakeCode Arcadeに対応したハードウェアの一つが、Meowbitです。

meowbit
パッケージのプラケースの中に入っていたのはこの3点。説明書などは入っていません。
meowbit
meowbitラバーケース

 シリコーンラバーのケースが剥がせなくて苦労したのですが、液晶パネルの穴から基盤を抜き取る感じで外すといいみたいです。

meowbit
基盤からラバーケースを外したところ
meowbit
バッテリーをつなぎ、電源を入れたところ

 MakeCode Arcadeで公開されているゲームサンプルをMeowbitに読み込んで動かしてみます。

 MakeCode ArcadeからMeowbitへのデータの送信方法は、micro:bitにプログラムデータを入れるのと同じ方法です。MeowbitをUSBケーブルでPCに接続し、MakeCode ArcadeのDownloadボタンで生成された拡張子uf2のファイルをMeowbitへコピーします。

Makecode Arcade
Makecode Arcade でのブロックプログラムの画面
meowbit
コピーしたゲームプログラムが動く様子

 MakeCode Arcadeのプログラムが簡単にMeowbitで動作しました。液晶パネルがあるとmicro:bitとはまた違う魅力がありますね。

 Meowbitは、Kittenbotがmicro:bit用に開発した拡張基盤のRobot:bitも組み合わせることができるようです。今度試してみようと思います。

 海外サイトのAliexpressやbanggoodなどを使うと、手元に届くまでに時間はかかりますが、価格は安いです。

-Making, Toys
-, ,

執筆者:

関連記事

micro:bit(マイクロビット)の拡張基板 KittenBot編

 micro:bit用の拡張基板を入手したので紹介します。KittenBotの「IObit V1.0」と「Robot:Bit V1.3」です。 IObitとRobot:Bit KittenBot IO …

micro:bitのプロジェクトを共有してみた

 前回micro:bit(マイクロビット)で作ったマルバツブザーのコードをmakecodeの共有機能を使って公開してみました。  画面上部の共有アイコンをクリックするし、プロジェクトの公開を同意した後 …

Bトレイン アイコン

BトレインショーティーをNゲージ化する

 Bトレインショーティーの東武鉄道70000系を購入しました。Bトレインショーティーは、台車を走行用のものに交換すれば、Nゲージのレールで走行できるようなので、チャレンジです。 まず、走行のためのユニ …

micro:bitでLEGOを動かそう

 動くLEGOといえばLEGO Technic(レゴテクニック)がありますが、よりシンプルに動かして遊べるLEGOのキットがあります。「レゴクラシック アイデアパーツ」です。今回は、このキットで紹介さ …

micro:bitでマルバツチャイムを作ってみた

 先日購入したmicro:bit(マイクロビット)にプログラムを書き込んで使ってみました。 micro:bitで、はじめてのプログラミング  micro:bitのプログラミングは、「JavaScrip …