Making Toys

LED押しボタン式信号機をArduinoとLEGOで作ってみた

投稿日:2017年12月1日 更新日:

信号機

 Arduino等のマイコンボードで電子工作にチャレンジする時、最初に取り組むのはエルチカ(LEDを光らせたり消したり)です。信号出力の仕方をまなび、プログラムで点灯消灯を制御できるようになります。
 次は、信号入力です。ボタンを押してOnOffをマイコンに伝え、マイコンがそれに対応した出力をかえします。
 その後、出力はモーター、入力は各種センサーなどを接続できるようになっていき、様々なことがマイコンでプログラム制御できるようになっていきます。
 ですが、LEDとボタンが使えれば、もう何か作りたくなります。LEDをボタンで制御といえば、「押しボタン式信号機」ですね。というわけで、LED信号機を作ってみました。

 マイコンボードは、小さいArduino互換ボード、aitendoの「あちゃんでいいの」を使い、それとケーブルのコネクタ用の基板とをひたすらワイヤーでつなぎました。
 外装はレゴで作りました。制御ユニットは、電池ボックスと基板の二階建てで制作、信号機はレゴパーツにLEDとコネクタを埋め込んで作りました。

完成した各ユニット

完成した各ユニット

制御ユニット

制御ユニットは2階建てです。

 ボタンを押すと車用信号機が青→黄色→赤、歩行者用信号機が赤→青と切り替わり、点滅して赤に戻ります。いい感じです。

LED信号機点灯

LED信号機点灯

 しかし、ケーブルが邪魔ですね。車用、歩行者用信号、押しボタンそれぞれ2個接続できるのですが、ケーブルが邪魔すぎてつなげて撮影しませんでした。

-Making, Toys
-, , ,

執筆者:

関連記事

カムプログラムロボット改造版

カムプログラムロボットでオリジナルロボットを作ってみた

カムプログラムロボット工作キットのままの完成時  完成したタミヤカムプログラムロボットですが、せっかくですからオリジナルデザインのロボットに改造?してみました。今回は、マイコンボードを組み込み、Wif …

micro:bitでマルバツチャイムを作ってみた

 先日購入したmicro:bit(マイクロビット)にプログラムを書き込んで使ってみました。 micro:bitで、はじめてのプログラミング  micro:bitのプログラミングは、「JavaScrip …

micro:bitでLEGOを動かそう

 動くLEGOといえばLEGO Technic(レゴテクニック)がありますが、よりシンプルに動かして遊べるLEGOのキットがあります。「レゴクラシック アイデアパーツ」です。今回は、このキットで紹介さ …

FOLO

こどもとつくるエレキット 6足歩行ロボ フォロ

 とてもかわいくて気になっていたロボットのキットを入手しました。「ELEKIT フォロ」です。小学校低学年の息子くんも、作りたいということでしたので、組み立てにチャレンジしてもらいました。  息子くん …

nanoblock mothin チョロQ

nanoblock mothin チョロQ で遊んでみた

nanoblock mothin チョロQ 軽トラック  2014年にタカラトミーから販売された「ナノブロックチョロQ」を今更ですが、入手したので遊んでみました。 パッケージを開封したところ チョロQ …