Making

こどもとつくるエレキット 水圧式ロボットアーム

投稿日:2017年12月6日 更新日:

エレキット 水圧式ロボットアーム

エレキット 水圧式ロボットアーム

 小学校低学年の息子くんに「ELEKIT 水圧式ロボットアーム」制作にチャレンジしてもらいました。

 息子くんとは、ロボットアーム制作の前に「ELEKIT スピンシューター」を一緒につくりました。この時に、説明書の図と番号からランナーの部品を探してニッパーで切り取るところ、部品をはめていくところをやってもらいました。「スピンシューター」は接着剤は使わないのですが、その分ネジ止め箇所が多く、しかも結構力がいるので、そこは大人担当でした。今回も、力がいるところ、難しいところはお手伝いしながら制作していきました。

エレキット 水圧式ロボットアーム

ランナーがたくさん入っている

 水圧式ロボットアームも、接着剤を使わず、はめ込みやネジ止めをして組み立てていくキットです。部品点数も多く、大人でも作りごたえがあります。こどもの制作ペースにあわせ、数日間かかけて気長に制作となりました。

 部品の切り出しは、息子くんが部品をニッパーでランナーからカットし、大人がプラ部品のゲートをカッターで削り取るという感じです。

ニッパーで部品の切り離し

ニッパーで部品の切り離し

 基本的に息子くんが説明書を見ながら組み立てましたが、組み上がったパーツごとに間違いがないかを確認、ネジがしっかりしまっているかを確認、というふうに随時大人がアシストしていきました。他に大人が手伝ったところは、シリンダーパーツのハメ合わせとシリンダーへの水の充填、チューブの取り回しあたりです。

だんだん組み上がっていく

だんだん組み上がっていく

水の入ったシリンダーとチューブを取り付けていく

水の入ったシリンダーとチューブを取り付けていく

 キットは、電気を使わず、水シリンダーで力を伝えるというコンセプトが非常に面白く、またデザインもなかなかかっこいいです。
息子くんがキットを組んでいる時より、操作しているときの方が真剣だったのが印象的です。

水圧式ロボットアーム

水圧式ロボットアーム

-Making
-, ,

執筆者:

関連記事

micro:bit(マイクロビット)の拡張基板 KittenBot編

 micro:bit用の拡張基板を入手したので紹介します。KittenBotの「IObit V1.0」と「Robot:Bit V1.3」です。 IObitとRobot:Bit KittenBot IO …

レゴ信号機

LED押しボタン式信号機をArduinoとLEGOで作ってみた

 Arduino等のマイコンボードで電子工作にチャレンジする時、最初に取り組むのはエルチカ(LEDを光らせたり消したり)です。信号出力の仕方をまなび、プログラムで点灯消灯を制御できるようになります。 …

micro:bitでLEGOを動かそう

 動くLEGOといえばLEGO Technic(レゴテクニック)がありますが、よりシンプルに動かして遊べるLEGOのキットがあります。「レゴクラシック アイデアパーツ」です。今回は、このキットで紹介さ …

FOLO

こどもとつくるエレキット 6足歩行ロボ フォロ

 とてもかわいくて気になっていたロボットのキットを入手しました。「ELEKIT フォロ」です。小学校低学年の息子くんも、作りたいということでしたので、組み立てにチャレンジしてもらいました。  息子くん …

micro:bitでマルバツチャイムを作ってみた

 先日購入したmicro:bit(マイクロビット)にプログラムを書き込んで使ってみました。 micro:bitで、はじめてのプログラミング  micro:bitのプログラミングは、「JavaScrip …