Making Toys

こどもとつくるエレキット プログラミング・フォロ

投稿日:2019年12月25日 更新日:

プログラミング・フォロ

 昨年組み立てたELEKITのフォロにプログラミングできる新型「プログラミング・フォロ」が発売されていました。前回のフォロを組み立てた息子くんが、フォロのパッケージを発見するなり「作りたい!」と言い出したので、今回も組み立ててもらいました。

プログラミング・フォロ

 「プログラミング・フォロ」は、ELEKITが発売する「プログラミング・フォロ for PaletteIDE」とスイッチエデュケーションが販売する「プログラミング・フォロ for micro:bit」の2種類があります。違いは、プログラミングを書き込みできるマイコンボードが付属しているかどうかという点で、ロボット本体は同じです。

 「プログラミング・フォロ for PaletteIDE」は、ELEKITが提供するWindows用のソフトウェア PaletteIDEを使ってプログラミングできるマイコンボードが付属しています。このマイコンボードは、基板のソケット形状がmicro:bitに合わせてあります。micro:bitが手元にあれば、差し替えてMakeCodeでプログラミングをして使うことも可能です。一方の「プログラミング・フォロ for micro:bit」は、マイコンボードが付属しないバージョンの商品です。別途micro:bitを入手しそれにプログラミングをして使います。

プログラミング・フォロ
付属のマイコンボードと付属品ではないmicro:bit
micro:bitもLEDが8×8だったら良かったのに

 マイコンボードが付属する分「プログラミング・フォロ for PaletteIDE」の方が定価は高いのですが、なぜか、こちらの方が安く入手できました。

フォロ組み立て

 早速、小学生の息子くんに組み立ててもらいました。大人が担当したのは、ニッパーで切り出した部品のバリ(ゲート)取りです。ネジ止めは、電動ドライバー BOSCH IXO5 を使って息子くんがしました。

プログラミング・フォロ

 フォロの胴体内部は、歯車パーツが入っています。組み立て時にタミヤのグリスを塗っておきました。(製品にグリスは付属していません。)

 こどもだけで組み立てが難しかったところは、頭の左右のパーツをセンサー基板と電池ボックスを差し込みつつケーブルを逃しながらはめるところと、「パチンとはまるまで押し込む」パーツ類のはめ込みでした。

プログラミング・フォロ

 頭部以外は前回のフォロと一緒なので、息子くんは「足は前と同じだ」と言いながら楽しく作っていました。休憩をはさみつつ組み立て、2時間半程度の作業時間で完成しました。

 完成したフォロを動かしてみます。当初、プログラミングにはmicro:bitを使うつもりだったので、マイコンボードは必要ないと思っていました。実際のところ、完成してパソコンも使わずとにかく動かすという時に、最初からプログラムが入っているマイコンボードを差し込みすぐ動かせるのはそれだけで十分メリットがあるなと思いました。こどもは、とにかくすぐに動かして遊びたがったので。

 黄色い前回のフォロと比べてみると、頭部が大きくなっています。このため、新型プログラミング・フォロは、ほんの少しの段差でも頭が重くて転倒してしまいます。

 プログラミングを全くする気がないのなら黄色いフォロが安いしカワイイのでこちらで十分です。むしろデフォルトのプログラムは黄色いフォロの方がいい感じ。

プログラミング・フォロ
プログラミング・フォロとフォロ

 micro:bitでのプログラミングについては、スイッチエデュケーションの商品紹介サイトを参考にしていただければ使えます。micro:bitを使ったことがある方なら問題ないでしょう。別のアプローチとしては、MakeCodeの機能拡張を追加する画面で「tobbie」と検索入力してもらうと機能拡張が出てきます。これを追加すると動作時の入力ピン番号を気にせずブロックプログラミングができます。

folo is tobbie
MakeCodeの機能拡張検索画面



プログラミング・フォロ for PaletteIDEは品薄のようです。





-Making, Toys
-, , ,

執筆者:

関連記事

FOLO

こどもとつくるエレキット 6足歩行ロボ フォロ

 とてもかわいくて気になっていたロボットのキットを入手しました。「ELEKIT フォロ」です。小学校低学年の息子くんも、作りたいということでしたので、組み立てにチャレンジしてもらいました。  息子くん …

ブロック比較

nanoblockなどのブロック玩具を比べてみる

 nanoblockの同等品(コピー品??)のような商品群を100円ショップでも見かけるようになりました。いくつか買い集めたので並べてみようと思います。 nanoblock (Kawada) カワダ  …

日本地図でゲーム

うちの子が都道府県を覚えるのに使ったもの

 小学校で都道府県の位置と名称を覚える機会があります。一度に知らない(興味がない)名称が大量に出てきても、覚えられないこども達もいると思います。わが家も、「うちの子は超優秀!ではなく、並か&#8230 …

micro:bit(マイクロビット)の拡張基板 KittenBot編

 micro:bit用の拡張基板を入手したので紹介します。KittenBotの「IObit V1.0」と「Robot:Bit V1.3」です。 IObitとRobot:Bit KittenBot IO …

Bトレイン アイコン

BトレインショーティーをNゲージ化する

 Bトレインショーティーの東武鉄道70000系を購入しました。Bトレインショーティーは、台車を走行用のものに交換すれば、Nゲージのレールで走行できるようなので、チャレンジです。 まず、走行のためのユニ …